採用情報Recruit

先輩スタッフの声

前職も設計の仕事をしていましたが、たくさんの人の目に触れるものを作りたいという思いがありました。

D.U(入社3年目、設計開発部門、キャリア採用)

同じ作るなら、目立つものを作りたかった

自社製品の設計や部品の手配など、製品づくり全般にかかわる業務を担当しています。前職も機械設計の仕事をしていたので似た職種ですが、前職ではあまり人の目に触れないものを作っていました。そうではなく人の目に触れるもの、自分の製品が目立つものを作れるような仕事をしたいと思っていたので、今の仕事はそれが実現できていると思います。電車に乗っているときに自分の製品を見かけると、「おーっ」という気分になれますよ。
設計の経験はあるものの、交通電業社での業務はまだまだ年数が浅く、先輩と比べると知識や経験値がまるでちがうことを実感しています。そのスキルや実績に比例して、お客さまである車両メーカーの方々などとの信頼関係もしっかりとあるので、自分もそうなっていきたいと思っています。
入社する前はどんな会社だろうという不安もありましたが、同じ職場である開発の人たちはアドバイスもくれますし、わからないことは聞けば何でも教えてくれます。この雰囲気のよさにずいぶん助けられています。困っている人がいれば皆で協力しあえるような関係性があるのも、素敵なことだと思います。

自分から動く、自分で道を切り開くという思いが、うちの会社では花開きます。

H.F(入社11年目、設計開発部門、キャリア採用)

それぞれのプロの集まりで、お互いが信頼できる会社

設計開発部門の中には2つのセクションがありますが、私はその中でソフトウェア開発を担当しています。組み込み系といって当社の製品内で動くプログラムの開発が私の仕事です。前職でもシステム設計やプログラム開発をしてきているので、経験と能力をいかせるという思いで交通電業社に入社、今年で11年目になります。
会社について思うのは、個人個人のスキルが高いというイメージです。その道のプロが集まっている会社なので、お互いのことを一目置いているという感じでしょうか。おたがいに信頼して仕事をまかせられるので、これがいい製品づくりに役立っていると思います。そんな会社なので、自分の才能や経験、やりたいことなど「何か」を持っている人はうまく会社にはまるのかなと思っています。私自身も指示待ちというよりは先頭を切って道を切り開いてきた自負があるので、そんな思いを持って仕事に取り組むと、おもしろい化学反応が起きて、きっと仕事がどんどん楽しくなっていくと思いますよ。

営業マンとして、自社の開発・製造している製品を取り扱いたいという思いを実現しました。

T.I(入社2年目、営業部門、キャリア採用)

自社の開発、製造部門からのバックアップが頼もしいです

お客さまからのご要望を基に、製品のご提案をするという営業を担当しています。
社会人になってからは営業畑を歩んできて、前職では建設機械の商社に勤めていました。営業活動ではメーカーさんと同行することが多かったのですが、自社で製品を作っているメーカーさんと接しているうちに、既製品を売るだけでなく自社で開発、製造をしているメーカーの営業をしてみたいと思うようになりました。それが、交通電業社に入社したきっかけです。
前職と決定的にちがうのは、やはり自社で製品を作っているので、より丁寧さが求められるところでしょうか。
交通案内表示器はたくさんの人の目に触れるものですし、それがうまく機能しないと混乱を招いてしまいますからね。
それともうひとつちがうのは、自社の中に開発部門、製造部門、資材管理部門があることです。
まだまだわからないことだらけですが、そういった自社の部門からバックアップしてもらえるのは、さすがメーカー!と思っています。
そんなバックアップもあるので、この業界がまったくのはじめてという人であっても不安に感じることはないと思います。

10年勤めてみて思うのは、とてもいい会社だということ。自分の居場所を自分で作りやすいですよ。

K.T(入社10年目、営業部門、キャリア採用)

やりたいことができる、自分を成長させられる環境があります

入社してからかれこれ10年になるので少々会社寄りの意見になってしまうかもしれませんが、交通電業社はとてもいい会社だと思います。前職と同じ電機関係の営業をやってきましたが、気づけば10年つづいていることが、自分の中ではいい会社だと思う理由になっています。
入社してからは新規の開拓に力を入れてきて、それが一定の結果をともなうようになってきました。今は後輩に仕事を伝えていく役割もあるわけですが、後輩やこれから同じ仕事に携わる人たちに向けて伝えたいのは、「迷惑をかけず」「要望を正確にくみ取って形にしよう」ということです。口頭で私の思いを伝えるよりも、実際の私たちの仕事ぶりをご覧いただいて感じていただきたいと思っています。
自分の居場所は自分で作るという考え方の会社なので、好きにやらせてくれるというイメージを持っています。「こうしてみたい」「これをやってみたい」と発信をして、それをダメだという会社ではありません。社内にはいろんな部署や工程がありますが、その垣根をこえて話しやすい雰囲気があるので、わからないことがあれば聞き放題です。こうした環境を生かして自分を高めていきたいと思う方には、ぴったりの会社だと思いますよ。

見えている部分だけでなく見えない部分も含めて、公共交通をささえる製品づくりには、ちょっとしたプライドを感じます。

M.S(入社4年目、製造部門、キャリア採用)

一生勤められる安定した会社を選びました

ものづくりの仕事に興味があったので前職は製品の評価をしていましたが、残念ながら会社が傾いてしまったので、次の会社は一生勤められる会社がいいという思いで、経営環境が安定している交通電業社に転職しました。今の担当業務は、組み立て作業です。うちの会社の製品は一つひとつを手作業で作っていくイメージなので、まさにものづくりそのものです。
勤めている立場で言うのもなんですが、そんなに大きな会社ではないのに作っている製品は社会にとって重要なもので、電車やバスに乗ると普通に見かけるというのは、すごいことだと思います。表示器のように見えている製品だけでなく、見えていない部分の製品もあります。それも含めて公共交通をささえる製品を作っているというのは、ちょっとしたプライドです。
同じ職場で働く人たちの年齢層は、30~40代くらいです。皆が協力しあいながら、ときには関係ない話もしながら、楽しくやっています。私も含めて職場にはものづくりが好きな人が多いので、同じ思いの人はすぐに打ち解けられると思います。

知りたい、やってみたいという思いを、どんどん私たちにぶつけてください!

T.S(入社13年目、製造部門(工程管理)、キャリア採用)

いろいろと経験しましたが、やはり現場一筋です

製造部門の管理的なポストをまかされているので、私の担当業務は生産の工程立案と調整、工程管理といったところでしょうか。簡単にいうと製品をどんなスケジュールで作るかを計画して、実際にそれが計画通りになっているかどうかをチェックしたり調整したりする業務です。
ものづくりが好きで、それを仕事にしてきました。前職までに現場ではない職場も経験しましたが、私にはやはり現場が向いていると感じるので、今は現場一筋です。自分が作るだけではなく、今は人に動いてもらってナンボの立場です。仕事の教え方や接し方を工夫したりして、職場の皆と一緒にがんばっています。
この立場から思う「成功する人」というのは、仕事への興味やモチベーション、それと「やってみたい」という思いを持っている人ですね。狭く深くでなくても構わないので、広く浅くいろいろなことに興味を持って知識を吸収していけば、きっとおもしろいことになります。そのためには知りたい、やってみたいという思いが大切なので、その思いを私や会社にどんどんぶつけてほしいです。それに対して何か答えを返すのは私たちの役目なので、そんな社風を活用して自分を成長させられるような人と一緒に仕事をしていきたいですね。