情報セキュリティ基本方針

 交通電業社は、業務上で取り扱う顧客や協力会社等の情報資産および当社の情報資産を各種の脅威から適切に保護し、企業としての社会的使命を果たすため、情報セキュリティポリシーとして本基本方針と情報管理規定を定め、以下の取り組みを継続的に実施します。

  • 当社は、業務上取り扱う顧客や協力会社等の情報資産の保護に万全の対策を講じ、情報資産の紛失、漏洩、改竄、破壊等のリスク要因の排除に取り組みます。
  • 当社は、当社の情報資産を最大限有効に活用しつつ、情報資産の重要度に応じた適切なセキュリティ対策を実施します。
  • 当社は、情報セキュリティの情報管理責任者と各部門に情報管理者を配置し、全社的な組織体制によって情報資産のセキュリティ対策を確実に実施します。
  • 当社は、役員・社員等に対する情報セキュリティに関する教育を実施し、情報セキュリティポリシーの周知徹底に努めます。全ての役員・社員等は、情報セキュリティポリシーを遵守し、ここに定められた義務と責任を果たします。
  • 当社は、技術の進歩や業務環境の変化等も考慮した上で、情報資産のリスク評価を多方面から実施し、それを情報セキュリティポリシーに反映させることにより、情報セキュリティの維持・向上をはかります。
  • 当社は、情報セキュリティに関する定期的な社内監査を実施し、必要に応じた適切な是正措置を講じることにより、情報セキュリティの確保に努めます。
  • 当社は、インターネット社会の秩序を守るとともに、その健全なる発展のために貢献します。
  • 当社は、情報セキュリティに関連する法令、国が定める指針その他の規範を遵守します。

制定日 2020年6月17日
株式会社交通電業社
代表取締役社長 相薗 岳生